SAUNAonline

メディアに
掲載されました

ご利用事例



Q&A
実際の公開ページでは回答部分が閉じた状態で表示されます。
  • サウナの許可申請、営業許可に関して

    サウナの設置に際しては、大きく家庭用と事業用で申請の内容が異なります。

    家庭用の場合は、消防法(家庭用サウナ向けの規定)や一部建築基準法を確認すれば、設置することが可能です。地域によっては、家庭用であれば消防署への申請が不要となるケースもあります。

    事業用の場合は、建築基準法に加えて、事業用サウナを対象とした消防法・火災予防条例、公衆浴場法(宿泊施設の場合は旅館業法)等をクリアにした上で設置をする必サウナの設置に関して、ご家庭でご使用いただく場合と、施設に導入する場合は必要な許可が異なります。

    ご家庭用の場合は、お住まいの地域により異なりますが消防法(家庭用サウナ向けの規定)や建築基準法を確認すれば、消防署へ申請する必要なく設置可能です。
    また、ご家庭用の場合でも防火地域、準防火地域などは各地方団体への確認が必要となります。

    事業用の場合は、
    『公衆浴場法』『消防法』『建築基準法』の確認が必要になります。

    ・『公衆浴場法』に基づき、管轄する保健所の許可が必要になります。
    具体的には地域の保健所に事前相談を行いましょう。

    ・『消防法上の制限』を確認する必要がございます。
    公衆浴場のうち、サウナ(蒸気浴場、熱気浴場)などの業種は消防法上、特定用途の(9)項イ(特殊浴場等)に分類されます。この特定用途の(9)項イに分類される業種が入居する区画は、”特定防火対象物”となり消防署に書類提出が必要になります。

    ・『建築基準法上の制限』も確認しましょう。
    まず、サウナ(その他の浴場)などの公衆浴場は建築基準法上、特殊建築物(建基法第6条1項一号(別表第一)に掲げる用途)に分類されます。
    ”特殊建築物”とは映画館など不特定多数の方が多く集まる施設の事で、衛生上や防火上規制すべき建物になります。
    また特殊建築物の内、床面積が200㎡を超える場合は用途変更をする前に確認申請(建築基準法に基づく手続き)が必要になります。

    なお、各種申請のサポート、及び申請の代行(別料金)も実施しております。詳しくはお問い合わせください要が御座います。

    安全を期すために、適法にサウナを設置できることを確認いただけた方にのみ、サウナの販売をしております。特に事業者様への販売時は、リーガルチェックを厳密に行っておりますので、予めご了承いただければ幸いです。

    なお、各種申請のサポート、及び申請の代行(別料金)も実施しております。詳しくはお問い合わせください
  • どれくらいの耐久年数はありますか?

    1年スパンで定期的に木材パーツの破損やストーブが正常に動いているか等はチェックいただく必要があります。
    ウッドデッキと同じ考え方で10~15年を見ていただければと思います。パーツ交換等で適正にメンテナンスいただくことで耐久年数はさらに上がります。
  • どれくらいの時間でサウナ室はあたたまりますか?

    サウナのサイズや形状、季節、外気温などにより異なりますが冬以外は30分程度で温まります。冬場は1時間ほどかかる場合もございます。
  • 窓の形状やサイズを変えたいですがオプションはありますか?

    弊社のサウナはオーダーメイドでさまざまなカスタマイズが可能です。半円状に窓を設ける半窓や天井を窓に一部窓にする天窓へのカスタマイズが可能です。その他、お客様のご希望の長さに木材の長さを変更することにより設置場所に丁度いいサイズにすることが可能です。
  • どれくらいの時間でサウナ室はあたたまりますか?

    サウナのサイズや形状、季節、外気温などにより異なりますが冬以外は30分程度で温まります。冬場は1時間ほどかかる場合もございます。



まずはお気軽にお問い合わせください。

カード決済や分割購入も可能です。
どこよりもいいものをお得に
ご提供できる自信がございます。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。